粉体塗装

 粉体塗装とは帯電させた粉体塗料を製品に吹き付け、

 静電気で製品に粉体塗料を付着させた後、焼き付けを行って

 塗料を硬化させる塗装方法です。

 塗膜の密着性が高く、有機溶剤を使用しない環境にやさしい塗装です。

 

粉体塗装工程

 溶融亜鉛めっき→りん酸塩処理(塗装下地処理)→粉体塗装

 

粉体塗装可能なサイズ

 長さ12m×幅1.4m×高さ2.0m

 

使用例

 道路関係(高欄、防護柵、信号柱、標識柱、照明柱、

       レジャー施設、モニュメント、長尺物、その他)

 塗装に戻る。